電話番号

お問い合わせ

進路実績

郡山ザベリオ学園

教育目標・方針

教育目標・方針

郡山ザベリオ学園は、「一人ひとりの子ども達が、かけがえのない存在として神様に愛されていることを、世界中の子ども達に伝えたい」という無原罪聖母宣教女会デリア・テトロの思いから設立されました。

本校は、この精神に基づいて以下の三つの教育目標を軸に小学校・中学校の一貫教育を行います。

自ら学ぶ
力を育む

学ぶ喜びを通して、将来を見据えて自ら学び続ける子どもを育てます。

ザベリオ学園では神様から一人ひとりの子ども達に与えられた能力を伸ばすことを大切にします。そのため、基礎・基本の確実な定着を大切にし、将来子ども達が自分の夢をかなえるために必要な「基礎学力」の向上に努めます。

そして、日常生活において課題を発見し、積み上げた基礎学力を基にして、自分自身で学習する意欲と自分自身で考え判断する応用力を養います。

  • 基礎学力をふまえ、発展的な学習を取り入れ、応用力を育成します。
  • 進路実現に向けたキャリア教育を充実させます。
  • 他から学び、自らを変えることのできる力を育成します。

共に生きる
力を育む

広い視野を持ち、物事に気づき、理解し、行動する子どもを育てます。

聖書には「隣人を愛せよ」との一節があります。本校では、愛と奉仕の精神をもって「人に尽くす」ことのできる人間を育てます。

そのためには、自分の置かれた社会で周りの人々と積極的にコミュニケーションを図り、リーダーシップを発揮して「共に生きる」ということを考え、実践し続けなければなりません。

グローバル化する社会の中で異なる文化の人々が笑顔で生活する…

その理想を追求し、心豊かに人と関わろうとする精神を育みます。

  • 地球規模で環境・人権・平和などの課題解決に貢献できる力を育成します。
  • コミュニケーション力とリーダーシップを育成します。

健やかな心と
からだを育む

これからの自分を支えるためのからだづくりを軸に、
自分と他者とを愛するための寛容で強い心を持つ子どもを育てます。

聖書には「健康で丈夫な体は、あらゆる黄金にまさり、強靭な精神や莫大な財産にまさる」との一節があります。ザベリオ学園では、基本的な生活習慣を身につけていることと、かけがえのない人達の存在に気づき、周りの人に何ができるかを考えて行動できる人を「健康で丈夫である」と考えています。意欲、忍耐力、自分らしい生き方や成功を追求する力などの自己を制御し、生涯にわたり自身を高めていく能力を育成します。

  • 自己管理能力を高め、健康の土台となるからだと体力を育成します。
  • 「自分を律し、他者を想いやることのできる心」を育成します。