EDUCATION
国際人としての礎をつくる

伝統の英語教育

MESSAGE

小学生のみなさんへ

みなさん、こんにちは!
本校の英会話の授業では、「話す力」「聴く力」を培い、総合的な会話力を高めることを目標に指導をしています。本校の授業では、英語でのテーマトーク、1対1でのインタビューなど様々な活動で、学んだ英語を実際に使ってみる経験を積むことができます。英語は「人と人をつなぐための道具」です。生徒たちには「英語を使って、人とつながる力を与えたい」と考えています。
「どうすれば英語をできるようになりますか」とよく質問を受けますが、私は「英語で何をしたいですか」と答えるようにしています。学習の目的を決めると、英語の学習へのやる気がUPする生徒が多いと感じるからです。「英語の本を読むために!」「趣味について英語で話せるようになるために!」…どんなことでもいいので、1つ目的を決めてみてください。
郡山ザベリオ学園で、一緒に「英語を学ぶ目的」を探しながら、英語を学んでみましょう!

英会話担当 ブライアン・オルンバ

英語教育のポイント

  • 少人数学習

    英語(週5回)、英会話(週1回)では、一部の授業を少人数(14名~17名程度)で授業を行っています。オールイングリッシュで授業が進むクラスや、日本人教員による細かな支援を受けられるクラスなど、生徒の個性に応じたクラス編成が特徴的です。きめ細やかな指導を通して、一人ひとりの能力を伸ばします。

  • 2冊の教科書を併用

    県内で使用されている「NEW HORIZON」と、首都圏で多く使用されている「NEW TREASURE」を併用し、高いレベルの学習内容を学んでいます。生徒が無理なく、学習が進められるよう、基礎も大切にしながら、応用力も身につけることができるよう幅広く学習しています。

  • 一貫カリキュラムに基づく授業

    小学校1年生から中学校3年生まで一貫した9年間のカリキュラムを実施しています。 「聞く」「読む」「話す」「書く」のバランスのとれた学習を行い、コミュニケーション力をつけながら高いレベルの学習をします。

  • 常勤外国人英語教師とのコミュニケーション

    ネイティブ教師による英会話の授業を週一回実施しています。常勤なのでいつでも気軽に英語で話しかけることができます。ネイティブ教師は英会話の授業だけでなく、英語の授業や行事、部活動などにも積極的に参加し、指導を行います。

  • 英語検定への挑戦

  • 英語における年間授業時数比較

    学年 公立中学校 本 校
    中1 140時間 210時間
    中2 140時間 210時間
    中3 140時間 210時間
    合計 420時間 630時間
    公立校との差約1.5倍

英語関連行事

  • ブリティッシュヒルズ研修

    内容
    岩瀬郡天栄村にある英語の研修施設ブリティッシュヒルズで、スポーツ、料理、サバイバルイングリッシュなどの活動を通し、楽しみながら英語を学びます。本場さながらの雰囲気の中で、イギリスのマナーや文化に触れ、普段学んでいる英語の力を試すことができます。
    時期・期間
    11月 1泊2日
    対象
    2年生全員
  • 英語レシテーション

    内容
    学年ごとに200語〜300語の内容のストーリーを暗記し、小5〜中3の縦割りグループで予選を行います。代表が選出されたあとは、全学年での決勝大会を行い、優勝者には金・銀・銅賞がそれぞれ贈られます。
    時期・期間
    6月下旬〜7月上旬
    対象
    全学年

特別活動やその他の活動における英語教育

英語部
文化部のひとつです。週に一度、英語で行われる学校放送を企画します。
英語のDVDを視聴して英語を書きとるディクテーション活動や、外務省主催の英語俳句コンテストに応募する作品づくりも行います。イースター、クリスマスなどキリスト教関連のお祝いをし、英語で聖書を読む活動も行います。
また毎年、学校祭ではオリジナルのシナリオを作り、英語劇を発表しています。
イングリッシュデー
毎週水曜日は、職員室への出入りの際のあいさつや、ホームルームの進行、朝の放送も英語で行います。
最初は「Good morning」「Hello」などの基本的なあいさつのみの生徒もいますが、少しづつ日常的に使う英会話文を身につけていくことができます。
MY GROWTH RECORD

私の成長きろく

英会話の授業

英会話の授業では、日常で使える英語を話す機会が多くあります。先生の英語を聞くことでネイティブでの発音に慣れ、リスニング力を高めることができました。ワークシートで筆記力を高めることもでき、英語が1番の得意教科になりました。

スキルアップノート

私は単語のスペルや熟語を覚えることが苦手でした。しかし、スキルアップノートの学習方法で練習することで、テストの得点の向上や、英検合格に結びつけることができました。苦手な部分に自分で気づき、学習する姿勢も身につきました。

英語レシテーションコンテスト

1年生のときはベストスピーカーに選ばれましたが、2年生では目標を達成することができず、悔しい思いを経験しました。しかしこの経験によって、失敗から学ぶことができるようになり、自分の発音をまだまだ良いものにできるということに気づきました。

見学・イベントのご案内