EDUCATION
一人ひとりを大切にする心を育てる

自他を愛する心の教育

カトリックの価値観に触れ、
「自他を愛する生き方」を

本校では、生徒一人ひとりが「人を大切にする心」を育むための授業や行事があります。

MESSAGE

人はみな、神様に愛された
かけがえのない存在であること。
そして
「自他を愛する生き方」を伝えたい。

週に1度、落ち着いた時間の中で、自分自身のこと、周りの人のこと、世界の人のことに関心を寄せる…それが本校の宗教の授業です。心静かにお祈りをしたり、聖書を読んで今の自分を見つめたり、偉人の生き方から自分の未来についての考えを深めたりします。

愛するとは、関心を向け、大切にするということ。好きや嫌いに関わらない「隣人愛」を学びます。

宗教の時間に限らず、本校すべての活動を通して伝えたいのは、創立者の意思「人はみな、神様に愛されたかけがえのない存在である」ということ。そして「私たちも自分を愛するように、隣人を愛して生きよう」(マタイによる福音書22章37節より)という神さまの教えです。

具体的には、次のような活動を行っています。
●学園の創立者「デリア・テトロ」や「フランシスコ・ザビエル」の生き方を学ぶ。
●行事や授業を通して、感じたこと、考えたことを周りの仲間と共有する。
●「他者のために生きた人」について調べ、プレゼンする。
●修学旅行で訪問する「長崎の歴史」を学び、平和についての考えを持つ。
●マリア祭やクリスマスに向けた共同祈願をクラスで作成する。

聖書や聖歌だけではなく、人物、読み物、ニュースなど、幅広いテーマを扱います。「カトリックの価値観」をより身近なものとして感じ、自分の生き方や他者との関わりについて考えられるよう、指導の工夫をしています。

日々の授業と学年別の取り組み(生徒の声から)

「ロザリオの月」
オリジナルのロザリオを各自作成し、毎日お祈りをしました。

お祈りをしてみて、「誰かを思うことの大切さ」に初めて気づきました。最初はどんな思いでお祈りをすればよいかわかりませんでしたが、今では、周りで誰かが困ったり、悩んでいたりした時に、ふとその人の幸せを望んでいる自分がいます。以前は「自分さえよければ」という私がいましたが、好き、嫌いに関係なく人に幸せになってほしいと願うことができるようになりました。

  • 1年

    私たちの学校の良いところとは?

    本校に通って感じた、「良いところ」を探しました。

    • 僕は別の小学校から入学しました。入学した当時、友人が作れるかどうか心配していましたが、入学当初の宿泊研修などの行事を経てその心配はなくなりました。「外部生だから」といったような雰囲気は一切ありませんでした。

    • 私はこの学校で知った「一匹の羊も大切にする」という言葉が残っています。一人ひとりを大切にするということを、私も心がけてみたいと思うようになりました。

  • 2年

    世のために尽くした人を紹介しよう

    グループごとに決めた偉人の「生き方」を調べ、プレゼンしました。

    • 杉原千畝さんについてしらべてみて

      今回の活動を通して、杉原千畝さんのすばらしさを学ぶことができました。杉原千畝さんの心のやさしさに触れ、私もこのような生き方をしたいと思いました。

    • 遠山正瑛さんについてしらべてみて

      僕は遠山さんに関して調べてみて、「人のために尽くすこと」の大切さを知りました。僕も少しだけ、慈悲深い心をもつ自分に近づけた気がします。僕もあらゆる人に対して尽くせる人になりたいです。

  • 3年

    偉人から、自分の生き方を考えよう

    映像資料などから、マザーの生き方について学びました。

    • 「人に何かを与えること」の大切さと難しさを学びました。マザーテレサのようにはなれる自信はないけれど、「自分にできること」を探して、実行していく生き方をしたいと思いました。

    • 「人としてのより良い生き方」を学べた気がします。外面ばかりが良くても、内面が良くなければ、喜びがない人生になってしまう、と思いました。

    • マザーテレサの愛した言葉『暗いと不平を言うよりも、あなたが進んであかりをつけなさい』が心に残りました。誰かが行うのを待つのではなく、自分から気持ちを込めて、自分自身も満足できる行動をしたいと思いました。

MY GROWTH RECORD

私の成長きろく

生き方を考える時間

聖書の言葉や偉人から、自分の「生き方」を探る。
心を静め、周りや世界の人々に関心を寄せ、想いを深める。 

聖書の「見失った羊」のお話が心に残っています。
「一匹の羊も失いたくない」という羊飼いの思いから、「私たち一人ひとりも、かけがえのない存在である」ということを学べました。

聖書や読み物などを通して、人を思いやる心を学びました。相手の気持ちを以前よりも考えられるようになり、聞いた話や言葉をどう生かせるのかを自分で考え、行動することができるようになりました。

5月聖母月・12月待降節

自然の実りを喜び、思いやりと感謝を大切に過ごす5月。
小さな人々に心を向け、教会でキリストの誕生を祝う12月。

5月は聖母マリアの御心にならって、優しく、思いやりの心をもって行動することを意識できました。
12月は「自分は人の為になにができるのか」を考えて実行し、人を想って行動することの大切さを学ぶことができました。

見学・イベントのご案内