INTRODUCTION

学校の紹介

学校の紹介

校長あいさつ

一人ひとりがキラキラと輝き、
切磋琢磨して高め合える学校を目指して

小・中学校 校長 佐藤 祐也

本学園では、幼・小・中一貫校としての特性を活かし、他者とコラボして学び合い、関わり合う関係を築き「協同的な学び」を教育活動の中に据え、子ども一人ひとりの「個性の伸長」に努めてまいります。
私たち教職員の願いは、子ども一人ひとりが自分の目標を立て自己実現を叶えることです。そして、個性を発揮しながら他者と協同して社会に貢献し奉仕する社会の実践者を育てることが学園の使命であると考えています。そして、教職員一人ひとりが子どもの育ちに寄り添い、レベルの高い教育を提供することで、子ども一人ひとりの豊かな可能性を引き出す努力を積み重ねてまいります。

学校の紹介

教育理念・方針

PHILOSOPHY

教育理念

自分の才能を十分に伸ばし、
活かす教育によって、この世界への関心を広げ、
自然・文化・歴史のうちに潜む業に感動し、
一人ひとりが生かされている現実に感謝・感動し、
社会に貢献できる人を育成します。

POLICY

教育方針

  • 自ら学ぶ力

    将来の夢の実現に向けて、学びを通して知識や物の見方・考え方が広がっていくことを実感し、学ぶ楽しさを身につけ、主体的に学習する生徒を育てます。

  • 共に生きる力

    思いやりの心と奉仕の精神を持って、多くの人と積極的に関わりあいながら、活動を通して互いに認め合い、共に生きる楽しさが実感できる生徒を育てます。

  • 健やかな心とからだ

    強く、たくましい心、美しいものに感動する心、人の心の痛みがわかり相手を思いやる心を持つ、心身ともに健康でたくましい生徒を育てます。

学校の紹介

施設・設備

豊かな学習環境

集中して学べる環境を整えたことで生まれる可能性

  • 電子黒板

    普通教室・特別教室(理科室・English Room・PBL室)に電子黒板を完備しています。デジタル教科書や動画・写真などの視覚教材の使用などを活用しています。視覚教材を使用した授業は生徒の学習への意欲と理解度を高めます。

  • SurfaceGo 40台

    40台のWindowsのタブレットノートPCを設置しています。持ち運びでき、またプレゼンテーション学習にも適した端末として、2019年度に導入しました。調べ学習・プレゼンテーションなど、授業への活用はもちろんのこと、行事・委員会活動・部活動にも幅広く活用されています。

  • PBL室

    PBLとはProblem Based Learningの略称で、「問題解決型学習」という意味です。「主体的かつ協働的に、問題を発見し解決する能力」を身につけるため、ホワイトボードに囲まれた教室で、「新しい学び方」を推進しています。またホワイトボードにはSurfaceGoの画面を投影でき、生徒が複数の場所で同時に、プレゼンテーションを行うことが可能です。

  • 学習センター

    落ち着いた雰囲気の中で、学習・読書に集中できる空間です。朝・放課後に、集中して学習に取り組める場所として使用できます。カウンターテーブル、学び合い用の机、椅子はすべて本校職員の手作りのものです。木の香り漂う、あたたかな雰囲気に、「学習したくなる」気持ちが自然に湧き起こる空間になっています。昼は図書館として開放しています。

見学・イベントのご案内